気になる資産運用ログ

マンション、ロレックス好きの気になる資産運用

【時計】ロレックス、プレ値以外で何を選ぶか

時計のコレクションを増やしていくとき、次何を買うか、考えるのが楽しいです。

 

例えば、ロレックスなんかは、チョイスのポイントが外観デザインですと、プレ値順に、デイトナ、GMTマスター、サブマリーナって感じになってしまいます。

 

外観デザイン以外で、これら3役を上回るで面白そうなモデルはあるのでしょうか。

 

まずロレックスSSが最高のSSと言われる点

いっぱいありますが、個人的に好きなのは

  • ケースのSSは904Lスチール。採用しているのはロレックスのみ。他のメーカーの追随許さず!

904Lスチールは一般のSSに比べ、クロム含量率が高く、耐蝕性、堅牢性、耐久性に優れている。

鍛造成形で金属密度が高く、研磨を繰り返しても形状と質感が保ちやすい。

 

鍛造成形なので鏡面磨きも輝きが違う気がします。カッチカッチ感がいいですね!

 

  • 時計針が真鍮素材のメッキでなく、金無垢素材。

これは一般的な真鍮メッキより耐食性に優れているようです。

 

子供に譲ることを考えたら、うれしいポイントです!

 

 

 

 

今回は薄さとケース径、価格から

見た目では3役に勝てないので薄さ、ケース径で並べてふるいにかけたいと思います。

なお、データは雑誌リアルロレックスvol.19からです。

 

厚み

パテックやAPはその薄に人気があります。ロレックスで薄いモデルはなんでしょうか。

  1. エク1、エアキング 11mm
  2. GMTマスター2 12.1mm
  3. エク2 12.2mm
  4. デイトナ 12.5mm
  5. ヨットマスター 12.5mm
  6. サブマリーナ 、ミルガウス 13mm
  7. ヨットマスター2 14mm
  8. 赤シード 15.5mm
  9. ディープシー 18mm

 

 

 

ケース径

トレンドは40mmでしょうか。デカ厚ブームというのがありましたが、個人的には38-42mmあたりがいいですね。

  1. 39mm エク1
  2. 40mm デイトナ、サブマリーナ、GMTマスター2、エアキング 、ミルガウス、ヨットマスター
  3. 42mm エク2
  4. 43mm 赤シード
  5. 44mm ディープシー、ヨットマスター2

 

 

 

最後は価格から

価格はエアキング63万円からヨットマスター2 192万円と幅広いです。

  1. 60万円代 エアキング 、エク1
  2. 70万円代 サブマリーナノンデイト
  3. 80万円代 サブマリーナデイト、エク2、ミルガウス
  4. 90万円代 GMTマスター2
  5. 110万円代 赤シード、ヨットマスター
  6. 120万円代 デイトナ、ディープシー
  7. 190万円代 ヨットマスター2

 

 

総じて

バランスがいいのは

  • やはりエク1、IT系や技術者であれば耐磁性のエアキング 

スペック面で厚み11mmでエアキング 、エク1。39mmがエク1、40mmがエアキング です。

文字盤のデザインはエク1の方がシンプルです。

f:id:sumaix:20190602111615j:image

エアキングは耐磁性があり、エク1より分があります。

f:id:sumaix:20190602111620j:image

 

  • 次はエク2か

f:id:sumaix:20190602111557j:image

厚み12.2mmのエク2は価格面からも魅力です。さらに2カ国GMT機能付きです。GMTマスターは回転ベゼル付きで3カ国GMT機能付きですが。

ネックは42mmです。やや大きいと感じるかもしれません。

 

文字盤色は黒がいいですね。旧モデルのオマージュでGMT針の色がツートンです。

f:id:sumaix:20190602111541j:image

 

いつ、エク2の人気が爆発するかもわからないですし。気になるモデルです。

 

 

 

 

エク1とエク2であれば正規店で出会える可能性は高いです。

 

並行店であってもそこまでのプレ値ではありません。

 

今日、正規店のショーケースで出会えるといいですね!

ちなみに2週間前にエク2の白文字盤をショーケースで見かけました。白文字盤はスルーしましたが、、、w

 

ではまた